You cannot see this page without javascript.


이메일 ▼
비밀번호
J@sko Sample Script
전체





まとまらないように…とか、そういうことですね。

────『ナディア』 は放送中から、 多くのアニメファンや一般視聴者の注目を集める作品となっtあわけですが、 そのことは意識しましたか?

鷺巣 すごく意識しましたね。 なにせ津々浦々でしょ。 7時のニュースの後でしょ。 そういう商業性は考えますよ。 それはすべて考えます。 意識します。

────それはどういった仕事でもそうですか?

鷺巣 もちろんそうですよね。 だから音楽にはやっぱり、 無いようで、 幾つかの方程式があるんですよね。 わかりやすく言うとターゲットを絞る、 ということですが。 それによってこのほうがいい、 あのほうがいい、 とかんがえますね。

────アニメーションの音楽は、 ほかの仕事と比べてどう違いますか?

鷺巣 まず自分が、 アニメーション自体がすごく好きである、 というごとですね。 僕はわりとフリークですよ。 だから自分では、 それがまず違います。 仕事だから、 個人的な趣向というのは入らないと言えば入らないんですけど、 すきなものはしょうがないですよね(笑)。

────ちなみにどういった作品がお好みですか?

鷺巣 そうですね、 昔の特撮ものとかアニメーションとかすごく好きですね。 昔は……なんだっけ。 なんとかパトロールとかあったじゃないですか。 なんでしたっけ。

──── 『宇宙パトロールホッパ』 ですか。

鷺巣 そういうのとか。 それから最近のだとバルセロナオリンピックの、 イメージキャラクターのアニメ。 『コビー』 ですか。 あれスペイン制作なんですか。 あれなんかデザインとかブッとんでますよね(笑)。 それで話も変だし。 ああいうのを見ると、 アニメーション作る人ってすごいな、 と思います。

────アニメーションの音楽といえば、 最近は打ち込みが


하나로 정리되지 않게...라든가, 그런 거네요.

────『나디아』는 방송 하면서, 많은 애니메이션 팬과 일반인 시청자의 주목을 받는 작품이 되었는데, 그 부분은 의식하셨습니까?

사기스 많이 의식했어요. 여하튼 전국 방송이잖아요. 7시 뉴스 이후잖아요. 그러한 상업성은 생각합니다. 그건 모두 생각합니다. 의식합니다.

────그건 어떤 일이라도 그런건가요?

사기스 물론 그렇죠. 그래서 음악에는 역시, 없을 듯한, 몇 가지의 방정식이 있는 것이죠. 이해하기 쉽게 말하자면 타겟을 좁힌다, 라고 하는 것입니다. 그로 인해서 이런 쪽이 좋다, 저런 쪽이 좋다, 라고 생각하지요.


────애니메이션의 음악은 다른 작업과 비교해서 어떻게 다른가요?

사기스 우선 제 자신이, 애니메이션 자체가 굉장히 좋아, 한다는 것입니다. 저는 비교적 프리크(freak, 매니아)입니다. 그러니까 저는, 그게 일단은 달라요. 일이니까, 개인적 취향이란 것은 들어가지 않는다고 한다면 안 들어갑니다만, 좋아하는건 어쩔 수가 없죠(웃음).


────덧붙이자면 어떤 작품을 좋아하십니까?

사기스 글쎄요, 옛날의 특촬물이나 애니메이션같은 것을 굉장히 좋아합니다. 옛날에는...뭐였더라. 무슨 패트롤이라는 거 있었잖아요. 뭐였지?


────『우주 패트롤 호퍼』 말인가요?

사기스 그런 거라든가. 그리고 요즘 거하고 바르셀로나 올림픽의, 이미지 캐릭터 애니메이션 『코피-』였던가요? 그거 스페인 제작입니까? 그거 왠지 디자인이라던가 많이 나오잖아요 (웃음) 그래서 스토리도 이상하고. 그런 걸 보면, 애니메이션 만드는 사람은 대단하구나, 하고 생각합니다.

────애니메이션 음악이라고 한다면, 최근에는 (스토리) 몰입이.




主体にはってるのですが、 『ナディア』はかなり本格的な音作りに取り組んでますよね。

鷺巣 そうですね。

────これはそれだけ音楽にも力が入っている、 ということなんでしょうか?

鷺巣 はっきり言いますけど、 僕はすごく打ち込みじゃないのもすごくうまいんです。 イヤミだね (笑)。 だけど、アニメーションで打ち込みのものは、 僕はすごく少ないですね。 なぜかって言うと、 やっぱりアニメって、 思いっきり2次元のものですよね、形態として。

スクリーンとか、ブラウン管とか見ると、 そう見ちゃうんですけど。 機械的な音自体は、 本当は大好きなんですけど、 そこに使うにはあまりにもミスマッチングで、 奥行きが感じられなくなることがあるんですよ。 最近ディズニーのアニメの 『美女と野獣』 を見たんですが、 絵的にも、 CGとかが随所に入れてあるんですが、 でもやっぱりセル画の、あのエグい動きってわかりますよね。

音楽にもそういうのがあって、 随所随所にそういう打ち込みみたいなのがちょこっとあるんだけども、 おおもとにズドンと流れているものがエグい動き、 というほうが気持ちいいですよね。

────終わってみて、 『ナディア』という作品から剌激を受けるようなことはありましたか?

鷺巣 相当好きなことができましたね。 相当……やりたい放題やりましたし。特に、 劇中歌もそうだったけど、イメージソングみたいなものは、 うっとりするようなものができましたね。
 
────個別に聞き分けていくと、 例えば3人組のテーマだったらジャズだったり、 ネオ•アトランティスのテーマだったらシンフォニーだったりと、 多種多様なスタイルの音楽が、 『ナディア』という作品にはあるのですが、そ


주요 부분으로 펴고 있습니다만, 『나디아』는 상당히 본격적인 소리 만들기에 전념하고 있죠?

사기스 그렇죠.

────이건 그만큼 음악에도 힘이 들어가 있다는, 라는 뜻인가요?

사기스 분명히 말씀드리지만, 저는 엄청 몰입하지 않는 것도 엄청 잘 해요. 약올리는 거죠.(웃음) 그래도, 애니메이션으로 몰입하는 것은, 저는 매우 적어요. 왜인가 하면, 역시 에니메이션이라는 것은, 2차원이죠, 형태로.



스크린이라든가, 브라운관 같은 것을 보면, 그렇게 보게 되는데. 기계적인 소리 자체는, 사실은 좋아합니다만, 거기에 사용하기에는 너무나도 미스매칭이라서, 깊이가 느껴지지 않게 될 수가 있어요. 최근 디즈니 애니매이션 『미녀와 야수』를 봤습니다만, 그림적으로도, CG같은 것이 곳곳에 들어가 있습니다만, 하지만 역시 셀화의, 그 아련한 움직임을 알고 계시지요?


음악에도 그런 것이 있어서, 여기 저기에 그러한 몰입 같은 것이 조금 있습니다만, 근본으로 딱 흐르고 있는 것이 아련한 움직임, 인 쪽이 기분이 좋아요.


────끝나고 나서, 『나디아』라는 작품에서 자극을 받을 만한 일이 있었나요?

사기스 상당히 좋아하는 대로 할 수 있었습니다. 상당히......하고 싶은 대로 했었고요. 특히, 극중의 노래도 그랬었지만, 이미지 송 같은 것은, 황홀할 정도의 것을 할 수 있었네요.
 
────하나하나 나누어 듣다 보면, 예를 들면 3인조 테마였다면 재즈이거나, 네오 아틀란티스의 테마였다면 심포니였거나, 다양한 스타일의 음악이, 『나디아』라는 작품에는 있습니다만,




れを一つにまとめるのに苦労した点はありますか?

鷺巣 何もなかったですね。 最初はすごく、 固定的なイメージがあったんですが、 そういう枠が段々無くなってきたんですよ。 だから、 何やっても構わない、 という強みがずいずいと出てきたんですよ。

────作品のイメージを損なわないように注意したことはありますか?

鷺巣 どうでしょう。 この作品に関わった僕は、 アーティストではなくて職人だから……。 どういうことかというと、 自分のものを出す、 というんじゃなくて、 逃げてるような言い方かもしれないけれど、 請け負ったものを頼まれた通りに作る、 という靴作りとか鞄作りのような立場でしたから。

────作品を主体にして、 ということでしょうか?

鷺巣 主体ではなくて、 「こういうものを作ってください」 というのがあって、 その通りに作っても面白くありませんよね。 例えば、 鞄だったら最後に焼き印を押す、みたいな作業がありますよね。 でもそれが大きすぎると 「こんなもの頼んでない」って言われるし、 小さすぎると誰が作ったのかわからない。

どこかに最後にペタッと押して、 それが非常に目立つところに押される時もあるし、 目立たないところに押される時もあるし。 だからそういう意味では、 そんなに自分っていうものは出てないですね。

つまり 『ナディア』 によって、 自分が大きく変わるってことは結果的にないんですが、 ただ、 手法みたいな引出しは増えましたね。 それは、 すごく専門的なことだからお話すろべきことじゃないのかもしれないけど、 そういうものは増えたと思います。

────CD用に作られたキャラクターのテーマソングは、


그것을 하나로 묶는데 힘들었던 점이 있나요?

사기스 아무 일도 없었습니다. 처음에는 매우, 고정적인 이이미지가 있었는데, 그런 프레임이 점점 없어졌어요. 그래서 무엇을 해도 상관없다, 라는 강점이 주욱 나오더라구요.

────작품의 이미지를 훼손하지 않도록 주의한 것은 있습니까?

사기스 글쎄요. 이 작품에 관련된 저는, 아티스트가 아니라 장인이니까...... 무슨 말이냐면, 자신의 것을 내놓는다, 라고 하는 것이 아니라, 피하는 것 같은 말일지도 모르겠지만, 맡은 것을 부탁받은 대로 만든다, 라는 구두 만들기나 가방 만들기 라는 입장이었으니까요.


────작품을 주체로 한다, 라는 말인가요?

사기스 주체가 아니라 「이런 것을 만들어 주세요」 라는 것이 있어, 그대로 만들면 재미가 없어요. 예를 들어, 가방이라면 마지막에 낙인을 찍는다, 같은 작업이 있어요. 근데 그것이 너무 크면 「이런 거 부탁 안 했어」라고 듣게 되고, 너무 작으면 누가 만들었는지 모르잖아요.


어딘가 마지막에 딱 찍는데, 그것이 매우 눈에 띄는 곳에 찍힐 때도 있고, 눈에 띄지 않는 곳에 찍힐 때도 있고. 그래서 그런 의미에서, 저 자신은 나오지 않지요..


다시 말해 『나디아』에 의해, 제 자신이 크게 바뀌는 것은 결과적으로 아닙니다만, 다만, 단지 방법을 찾아낸 것은 늘었네요. 그것은, 매우 전문적인 것이라서 말씀드릴 내용이 아닐지도 모르지만, 그런 것이 많아진 것 같아요.

────CD용으로 만들어진 캐릭터의 테마송은,



Translated from 'To Homeland...'(http://tohomeland.com)

TOP